記事の詳細

大学生にピッタリで、時給の良さも人気のある家庭教師バイト。
高校生はなかなか人に教えることが難しいですが、大学を出てしまうと今度は学力が心配。
 
まさに家庭教師は大学生向けのバイトといえるのです。

家庭教師バイトを始めよう!

実際に家庭教師のアルバイトを経験した先輩に、体験談を聞いてみました。

始めようか悩んでいる人は是非参考にしてみましょう。

家庭教師のアルバイト・バイト求人特集-

高い時給は勿論魅力ですが、人に物を教える体験は非常に貴重です。
大人数の対応が苦手な人にもオススメですね(^^)

1人目体験談

勤務スタイルと給与イメージ

週3回 月収約2万円 
週1回の訪問で3人教えていました。
時給は1600円でしたので、平均して毎月2万円前後のお給料をいただいていました。
主に平日の夜だったため、このほかに週末は飲食店でバイトもしていました。

このバイトを選んだきっかけ・理由

大学の同じ科の友達がやっていた家庭教師の話を聞いて、ぜひ私もやってみたい旨を話したところ、紹介してくれました。
大学から事務所が近かったこともあり、同じ大学に通う人がたくさん所属していました。

働いてみて分かった意外なこと。裏話。

中学2年生でも、分数の計算ができない子がいることが衝撃的でした。
分数の計算は確か小学校3年生の教育内容ですので、3年生からの5年間この子はずっと算数が嫌いだったのだろうと不憫に思えました。

このバイトのメリット

所属しているのは地元の大学生が中心だったので、親御さんからの信頼はあり、安心して仕事ができました。
飲食店などのバイトよりもはるかに時給がよかったのが一番の魅力です。

このバイトのデメリット

会社独自のカリキュラムによる問題集を使っていたので、先に書いた分数の計算のできない中学生には、まったく使えない教材でした。
その子は学校の宿題を掘り下げて一緒に解いていくという内容で指導していました。

このバイトを始めたい人へアドバイス

時給がよいからといって、子供との接し方や親御さんとの対話などを投げやりにするとその家庭とのかかわりがうまく行かなくなり、結果ほかの先生に変えられてしまうことになります。
教えることとともにコミュニケーションの取り方も事前に準備していたほうがスムーズだと思います。

2人目体験談

勤務スタイルと給与イメージ

週1回勤務したとしたら、交通費込みで約1万円ぐらいでしょう。
1回に何時間何分働くかによって、増えたり減ったりします。

このバイトを選んだきっかけ・理由

大手で有名な家庭教師派遣センターでした。
知名度のないバイト先よりも、仕事が多く集まってくるから仕事がまわってくると思います。

働いてみて分かった意外なこと。裏話。

家庭教師派遣センターと家庭教師との間で結ばれる労働契約書が、意外と厳しいことです。
その契約に同意しないほうが安心できる部分があります。

このバイトのメリット

大手の家庭教師派遣センターということで、知名度が抜群にあります。
それに伴って、担当可能な地域の中にも生徒が見つかりやすいです。

このバイトのデメリット

世間や顧客には知られざる労働契約書が備わっています。
なるべくであれば、それを取り交わしたくないという気持ちになります。

このバイトを始めたい人へアドバイス

家庭教師の仕事を行うためには、教えられるだけの知識と、負担になるリスクがあります。
それに、大手になると他の家庭教師より給料は安いので地域に特化しているところや個人に近い経営のところをオススメします。

3人目体験談

勤務スタイルと給与イメージ

週1回 0.5万円

このバイトを選んだきっかけ・理由

単純に前々から家庭教師のアルバイトに興味があったので。
また、同じ大学の友達も家庭教師のアルバイトをしていたこともあり、抵抗がなかったので。
ちなみに友達とは、同じ会社に登録しました

働いてみて分かった意外なこと。裏話。

家庭教師の派遣会社には教材を売るというノルマがあり、私たちには影響はないものの、家庭教師の派遣会社の会社員さんたちは大変そうだなぁーと思いました。

このバイトのメリット

メリットとしては、交通費が支給された点ですね。
他の家庭教師の派遣会社のなかでは、マイカーだったら交通費が支給されないところもあったので、微々たる金額とはいえ、交通費が出るところはポイントが高かったかも知れません

このバイトのデメリット

としては、なかなか仕事が入らないことですね。人選ではなく、タイミングだとはよく言われました。

このバイトを始めたい人へアドバイス

ひと口に「家庭教師の派遣会社」と言ってもさまざまですから、評判を聞いて登録をする方が良いです。
同じ大学にしても、家庭教師のアルバイトをしている人は多いと思いますので、機会があれば是非聞きましょう。

4人目体験談

勤務スタイルと給与イメージ

週2回で月1万円を半年弱やりました。
受験前は、平日だけでなく土日なども使ってもう少し頻度を上げたりもしましたが、
割に合わないバイトだったかな、と今は思っています。

このバイトを選んだきっかけ・理由

親戚の子供が受験先高校に受からなさそうなのに塾に行きたがらない、
と親戚に泣きつかれたため、家庭教師の話を受けました。

働いてみて分かった意外なこと。裏話。

初めこそ、やってくれないよりましだから助かるんだ、などと言っていたその子の親が受験が近くなるにつれ必死になってきて、プレッシャーをかけられ怖かったです。
初めて家庭教師の大変さを知りました。

このバイトのメリット

相手は親戚だったため私の事情もわかってくれていたので、急用などには融通が利いたのと万が一その親が無茶を私に言い出しても、周りに止めてくれる人がいたことがメリットでした。
その子自身が私を慕ってくれていたということも、良かったと思います。
頑張ってくれたので。

このバイトのデメリット

親戚だからこそ、私の安請け合い後受験失敗などに万が一なっていれば面倒なことになっていただろうと思います。
受かってくれて本当に良かったです。

このバイトを始めたい人へアドバイス

ある程度本人が努力しなければならないんだ、ということを初めは親御さんもわかっているのだと思うのですが、受験間近には親も冷静ではいられないようでうっかり忘れてしまうようでした。
ご注意ください。

5人目体験談

勤務スタイルと給与イメージ

週2回 2万円

このバイトを選んだきっかけ・理由

子供が好きだったことと、大学生だったので授業に響かない程度の時間・回数で出来るアルバイトだったから。

働いてみて分かった意外なこと。裏話。

自分の中学、高校、大学受験の経験が役に立ったこと。
小学生は教え方が重要で、高校生などはこちらの知識が豊富なことが重要であること。

このバイトのメリット

姉が既に所属していた会社だったので、知らない所よりは安心でした。
すぐに仕事を紹介してもらえたのは良かったです。

このバイトのデメリット

会社の取り分が多いこと。
やはり家庭教師先のお宅と直接交渉した方がお給料は良いです。

このバイトを始めたい人へアドバイス

自分の成績の良さの他に、受験の経験や勉強方法を色々知っている方が、それがお子さんを教える時に役立ちます。

家庭教師のアルバイト・バイト求人特集-

人に対して教えることは将来の就活や社会人生活にも大切です。
出来れば全ての人に家庭教師のアルバイトは体験して欲しいところです。

関連記事

最近のコメント

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る